社員インタビュー

快適な住み心地、そして新しい人生の起点となる住まい。戦略的ビジョンを持って住まいをあらゆる角度からコーディネイトする仕事。

渡邊 駿介 アパマンショップ郡山富田店 2017年入社

まず口にする、行動することが大事。言葉にしてたくさんの人に伝えることで、さまざまな意見を聞くことができるし、そこからまた考えや可能性が広がっていくのだと思います。

これが私の仕事: お部屋探しに悩まれるお客様には、第三者的な目線でアドバイスすることも

来店されたお客様に対して、アパート・マンション・戸建てといった居住用の賃貸物件のご紹介をしています。ひと言で言えば、お部屋探しのお手伝いですね。私の勤務するアパマンショップ郡山富田店に来店されるのは、カップルやご家族でお部屋を探されている方が多いのですが、中には意見が合わずに困っておられる場合もあるんです。お客様がお部屋探しで悩まれているときは、第三者的な目線で俯瞰的に物事を見つつ、ご提案させていただくようにしています。ご主人か奥さま、どちらか一方の肩を持つようなことは、なるべく避けるようにしていますね。一度お帰りになった方がまたご来店されて、「やっぱり渡邊さんに紹介してほしい」と言っていただけると、信頼してもらえたのだなと感じて嬉しくなります。

No1.story: 社長と出会い、「この人のもとで働きたい」が入社の決め手に

就職活動を始めた頃は、自分のやりたいことが明確ではありませんでした。そんな中で郡中丸木の社長と出会って、話を聞くうちに「おもしろいな」「こういう人のもとで働いてみたい」と感じたんです。会社に来てみると不思議と安心感も得られて、「ここ、いいな」と。社長の人柄、考え方、会社のあたたかい雰囲気が入社の決め手になりました。実際に働いてみても、社長との距離が近く、また社員同士も気さくに話せる風土があります。そういう環境なので、「人が好き」な人であればうまくやっていけると思います。社員間のコミュニケーションでもそうですし、生活に関わる仕事なので、お客様に対して親身になれることも重要ですね。

ズバリ!ここが好き: やりたいことがあれば、すぐ口にすること、行動することが大事!

今、自分の過去を振り返って思うのは、「もっと自分を主張した方がよかったな」ということです。少しでも気になることや、やりたいと思ったことがあれば、まず口にする、行動することが大事。言葉にしてたくさんの人に伝えることで、さまざまな意見を聞くことができるし、そこからまた考えや可能性が広がっていくのだと思います。私も就職活動を始めた当初は「やりたいこと」がはっきりせずに悩んだこともありましたが、社長と出会ったことをきっかけに、道が開けたように感じました。就職活動中の学生なんて、可能性の塊でしかありません。いろいろな人と話して、関わって、勉強して……と、とにかく行動してみることをおすすめします。