社員インタビュー

快適な住み心地、そして新しい人生の起点となる住まい。戦略的ビジョンを持って住まいをあらゆる角度からコーディネイトする仕事。

富塚 彩沙 建築課

仕事POINT
2013年入社
建築・土木技術者
仕事の中身:日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル:目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人:その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくこと:新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている人:信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

これが私の仕事: 住まいづくりの一端を担っているやりがいを感じています

新築の住宅物件の設計・積算を担当しています。積算とは設計図面や仕様書などの設計図書に基づいて、使用する建材の数量を抽出して単価と掛け合わせ、各建材の合計から建築工事費を算出する業務です。営業さんがお客様と打ち合わせされた間取りや坪数によって積算の金額も当然変わってきますし、わずかな間違いも許されませんので、作業には細かい確認が欠かせません。毎日集中しながら仕事にあたっています。いっぽう設計では、電気配線部分と建物外の外構部分のプランニングを主に担当しています。いずれも縁の下の力持ちといった役割ですが、住まいづくりの一端を担っているというやりがいをいつも感じていますね。

No1.story: 「良い家を造りたい」という思いがお客様に通じてうれしくなりました

私の仕事は主にデスクワークで、お客様と直接関わる機会は少ないのですが、あるとき住宅を建てられたお客様のアンケートの中に「良い家ができて感謝しています。この家づくりに携わってくださった方々、どうもありがとう」という言葉があって、何だかじわっとうれしくなりました。私たちは家づくりの中でも表にはあまり出ていかない役回りですが、「良い家を造りたい」という思いは人一倍あります。それをお客様も分かってくださったような気がしてうれしさが込み上げてきたんです。今は資材の原価も上がってきており、可能な部分でのコストダウンを図りながら、お客様に満足していただける良い家づくりをこれからも実現したいですね。

ズバリ!ここが好き: 失敗をしても上司や先輩の励ましで「また頑張ろう!」と思えます

失敗をしても上司や先輩の励ましで「また頑張ろう!」と思えます 私は学生時代から建築関係の勉強をしていて、将来はその方面で仕事をしたいと思っていました。住宅に興味があって郡中丸木の展示場を見学に行った時に、スタッフの方が笑顔で心よく受け入れてくれてとても良い印象だったんです。「ここなら頑張れる!」とその時に思いました。そして入社後は、いろんな失敗をしても上司や先輩の皆さんが励ましてくれます。発注ミスをして凹んでいた時には、「私だってこういう失敗はたくさんやってきたから」と声をかけてくれるんです。社内には社員同士が「協力し合える」という良い関係性があり、困ったことがあればすぐに相談に乗ってくれるという温かい風土がありますね。