社員インタビュー

快適な住み心地、そして新しい人生の起点となる住まい。戦略的ビジョンを持って住まいをあらゆる角度からコーディネイトする仕事。

渡邉 未來 アパマンショップ郡山駅前店

仕事POINT
2013年入社
販売・サービススタッフ
仕事の中身:日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル:臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人:一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくこと:上質のサービスや商品に接し、知識・教養が深まる仕事
特に向いている人:人前で話すことが得意な人向きの仕事

これが私の仕事: 接客ではお客様が求める要望のポイントを見極めることが大切

アパマンショップ駅前店で賃貸の住まいを探しているお客様のご要望をお聞きし、相応しい物件を探して案内しています。いっぽう賃貸用のアパートやマンションを持つオーナーさんへの対応も重要な仕事の1つです。店舗での接客ではお客様の要望のポイントがどこにあるかを見極め、お客様の都合に合わせた応対ができるよう心がけています。初めて成約した賃貸のお客様のことは今も覚えていますが、私が終始緊張してしまってろくにお部屋の紹介ができずに、同席してくれたオーナーさんがずっと説明をしてくれたという苦い記憶が…(笑)。でもそれがきっかけで、そのオーナーさんと仲良くなれたということもありますね。

No1.story: オーナーさんとの関わり合いの中で学べることが多々あります

初めて賃貸のアパートを持った60代のオーナーさんから1棟の賃貸管理を任せてもらえることになり、「渡邉さんに任せるからよろしくね」と言ってもらった時には感激して、「頑張ろう!」というやりがいにつながりました。今もそのオーナーさんとは良いお付き合いをさせてもらっています。オーナーさんはご年配の方が多く、いつも失礼のないようにと心掛けています。最初は緊張もしますが、次第に打ち解けていくと笑顔で話せるようになって、契約書の捺印でご自宅にうかがった時などいろいろなことを教えてもらったり、励ましてもらったりしています。人生の大先輩であるオーナーさんの信頼を得られるよう今後も頑張りたいですね。

ズバリ!ここが好き: 「みんなで成長していこう」という気風があるのが魅力

勉強会や研修の機会がすごく多い会社で、自分自身の成長につながると思いました。月曜7時半からの早朝勉強会や、仕事が終わった後に店舗のスタッフでロープレを行ったり、みんなで成長していこうという気風があります。私自身も、最初は人と話すのが怖いくらいで接客にも自信がなかったのが、おかげで人とコミュニケーションを取ることが好きになり、昔よりも物怖じしなくなりました。そのせいか、昨年2015年の最優秀社員賞を受賞することもできたんです。店長が産休で抜けた期間、先輩と力を合わせて繁忙期を乗り切ったことが評価されたようで、同賞のご褒美にオーストラリア研修に連れていってもらってとても有意義な経験になりました。