社員インタビュー

快適な住み心地、そして新しい人生の起点となる住まい。戦略的ビジョンを持って住まいをあらゆる角度からコーディネイトする仕事。

石橋 宗人 建築事業部 2016年入社

就職先を考えるとき、まずは「将来のこと」を考えて行動を決めると思うんです。もちろんそれは大事なことですが、私の最終的な決め手になったのは「今の自分と合っているか」

これが私の仕事: 現場監督として、多くの人と関わり合うやりがいを感じています

新築住宅の現場監督をしており、毎日現場に行って、お客様や業者さんと打合せをしています。お客様とお話をするのは楽しいですし、業者さんと話すのは勉強になることが多く、とてもやりがいのある仕事です。 新築住宅を建てるうえで重要視するポイントは人によってそれぞれですが、私は、近隣の方々との交流が非常に大切だと考えています。郡中丸木の上棟式には、近隣の方々も招待して餅まきなどを行っており、「住み始めてから良いおつき合いをするための、きっかけになる」と、お客様にも喜んでいただいています。お客様から「郡中丸木の社員さん、業者さんはみんな人が良くて、話しかけやすいね」と言ってもらえたときは、嬉しかったですね。

No1.story: アットホームな雰囲気が魅力!どんな人でもなじめる会社です

内定期間中に、社長に一日ついてかばん持ちをしたのですが、そのとき社員の方と話す機会に恵まれました。話してみると、大企業にあるような重たい空気がまったくなく、アットホームでなじみやすい印象を受け「あ、ここだな」と感じたのです。それですぐに、郡中丸木への入社を決めました。 当社には、自分自身も後輩も含めて、とにかく個性豊かなメンバーが揃っています。いろいろな人がいて、おもしろいですよ。だから、郡中丸木に向いていない人はいないと思います。喋るのが好きとか苦手とか関係なく、先輩達がうまくコミュニケーションを取ってくれるので、どんな人でも無理なくなじんでいける環境が整っていますよ。実際に、私もそうでしたから。

ズバリ!ここが好き: 就活では「今の自分と合っているか」を重要視して選ぶことが大切

就職先を考えるとき、まずは「将来のこと」を考えて行動を決めると思うんです。もちろんそれは大事なことですが、私の最終的な決め手になったのは「今の自分と合っているか」という点でした。その会社が自分と合っているか、入ってから行動しやすいか、自分のためになるか、という部分を最優先事項として考えたのです。 自分に合う会社を見つけるためには、既にその会社で働いている人の話をよく聞くのが近道だと思います。就職活動中は業務に関わる内容だけでなく、社内でどんなイベントがあるか、プライベートの過ごし方などいろいろなことを聞くようにする。そうすれば会社の動きや、働いている人の過ごし方も見えてくるので、自分が働くことになってからの様子も想像しやすくなるはずです。