社員インタビュー

快適な住み心地、そして新しい人生の起点となる住まい。戦略的ビジョンを持って住まいをあらゆる角度からコーディネイトする仕事。

皆川 朱璃 アパマンショップ郡山富田店 2014年入社

その場の雰囲気や、社員と話して受けた印象など、フィーリングを重視して選ぶのが大事ではないかな、と思います。実際に、郡中丸木では社員同士の仲がとても良いんですよ。

これが私の仕事: 「あなたにお願いしたいから」と言ってもらえると嬉しくなります

アパマンショップ郡山富田店で、賃貸営業を担当しています。来店されたお客様にお話を伺って、条件に合ったお部屋探しをするのが主な仕事です。お客様と直接話す機会が多く、大変なこともありますが、その分楽しかったり、やりがいを感じたりすることも多々あります。 賃貸物件の入居前には審査があるのですが、中にはすんなりと審査に通らない方もいらっしゃるんですね。すると、たいていの場合が他の不動産屋に行ってしまうのですが、中には「やっぱり皆川さんにお願いしたいから」とおっしゃって、また来店してくださる方もいらっしゃいます。「あなたにお願いしたい」と言ってもらえるとやっぱり嬉しいですし、励みになりますね。

No1.story: 社長とサシ飲み!「この会社は違うな」と、入社の決め手に

建築や家が好きで、短大では建築関係の分野を学んでいました。将来的にもそういう仕事に携わりたいと考え、就職活動を行っていました。郡中丸木が他の会社と違うな、と感じたのは、社長との距離が近いところです。たとえば、説明会に社長が出て話してくれたり、選考が進むとかばん持ちをさせてもらえたり。飲み会では、社長と二人で話せるサシ飲みまであったんです!(笑)そこでは会社のことなどをざっくばらんに質問できて、社長自らが答えてくれました。 郡中丸木では研修が多く、他社との合同でも行われます。内容は、内面や営業スキルを磨くためのものが中心ですので、自分自身の成長につながります。他社の人とも円滑なコミュニケーションを取れる人、研修の内容をしっかり吸収して活かせる行動力のある人が、当社には向いているかなと感じますね。

ズバリ!ここが好き: 社員同士のつながりがあるから、仕事の大変さも乗り越えられます

学生さんの場合は、たくさんの会社を受けていると思います。その会社や働いている人の雰囲気って、もちろん実際に入社してみるまでわからない部分はありますが、説明会でもある程度は判断できるのではないかと思うんですね。郡中丸木の説明会は、社長自らが話をしてくれたり、隣の人と話しながらグループワークを行ったりと、「他の会社とは少し違うな」という印象を強く受けました。その場の雰囲気や、社員と話して受けた印象など、フィーリングを重視して選ぶのが大事ではないかな、と思います。実際に、郡中丸木では社員同士の仲がとても良いんですよ。一年目・二年目にお世話になった先輩とは、今でもご飯を食べに行きます。仕事で大変なことがあっても、社員同士のつながりがあるから頑張って乗り越えられますね。